三井住友VISAプライムゴールドカード:三井住友カードNAVI

記事一覧


三井住友visaのクレジットカードからラインナップされているプライムゴールドカードは、20代のためのゴールドカードとして人気があります。通常のゴールドカードだと、プレミア感のあるゴールドカードは年会費も高く、年収がそれなりにない人だとカードを維…

記事を読む


三井住友visaのプライムゴールドカードは、カードを持っているだけでたくさんの特典やサービスを受けることができるお得なカードですが、それだけではありません。三井住友visaでは、どの種類のカードを持っている人でも利用できるワールドプレゼントと言う…

記事を読む


三井住友visaからラインナップされている20代のためのゴールドカードとして大人気の「プライムゴールドカード」は、カードを利用するごとにお得な特典が満載の魅力的なカードです。特に、旅行をする際の補償はとても手厚くカバーされているのが特徴で、旅行…

記事を読む


三井住友visaクレジットカードに限らず、どんなクレジットカードでも、申し込めば誰でも審査に通るというわけではありません。カード発行会社が独自に設定している審査基準に通らなければ、クレジットカードを作ることはできません。その中でも特にゴールド…

記事を読む

2..

20代のためのゴールドカードとして大人気の三井住友visaプライムゴールドカードは、従来のゴールドカード審査基準よりもかなりハードルを低くすることによって、多くの人が気軽に持つことができるカードとなっています。ゴールドカードは三井住友visa以外の…

記事を読む


三井住友visaのプライムゴールドカードは、20代を対象にしたゴールドカードとして人気があります。通常のゴールドカードを持った場合に受けることができる特典はそのまま維持しながら、かかる年会費はなんと半額の5000円と言うリーズナブルさが人気で、20代…

記事を読む


三井住友visaには、たくさんの種類のクレジットカードがラインナップされています。その中でも、プレミア感のあるゴールドカードは、多くの人が憧れる一枚と言えるのではないでしょうか。一般のゴールドカードは、審査基準が比較的厳しく設定されていて、安…

記事を読む

m..

marubeni光:光回線@nifty wimax[ニフティワイマックス]ブロードワイマックス[BroadWiMAX]トラック買取り無料査定見積りバイオテック長春毛精ガイドピューレパール黒ずみ対策リポコラージュ・ラメラエッセンス解説アーティストグッズ買取手作りレッスンバッ…

記事を読む

三井住友visaプライムゴールドカードの評判

三井住友visaのクレジットカードからラインナップされているプライムゴールドカードは、20代のためのゴールドカードとして人気があります。通常のゴールドカードだと、プレミア感のあるゴールドカードは年会費も高く、年収がそれなりにない人だとカードを維持するだけでも結構な出費になってしまう事が多いのですが、三井住友visaプライムゴールドカードの場合には、20代のためにリーズナブルな設定になっているので、年会費は一般のゴールドカードと比べると半額の5000円で維持することができます。しかも、リボ払いを利用したり、利用明細をWEBでの受け取りにすることによって、年会費をさらにリーズナブルにすることができるのも、プライムゴールドカードの魅力と言えるでしょう。

このカードの評判ですが、20代のヤングエグゼクティブからは大好評のようです。口コミをいくつかご紹介しましょう。

「新卒で三井住友visaのデビュープラスカードを作ったのですが、2年ぐらいでプライムゴールドカードのお知らせが来て、アップグレードしました。私は海外旅行に行くのが趣味なので、旅行に行くたびに保険が自動的についてくるというのは心強いですね。しかも、年会費もとってもリーズナブルになっているので、私は友達にもオススメしています!」

「新卒の頃からずっとゴールドカードに憧れていました。でも、普通のゴールドカードだと、新卒じゃなかなか審査に通らない。でも三井住友visaは、新卒でも安定した収入があれば審査に通ったので、とても大切に使っています。お財布にプライムゴールドカードが入っているだけでも、何だか自分に自信がわいてきますし、特典がたくさんついているのも良いですね。特典をよく利用する人なら、カードの年会費を払ってもかなり節約できていると思いますよ。」

三井住友visaのプライムゴールドカードは、20代で安定した収入がある人なら、比較的ハードルが低く、審査に通りやすくなっているのが魅力です。ゴールドカードの特典をリーズナブルに楽しめるカードなので、ぜひ申し込んでみてください!

三井住友visaプライムゴールドカードのポイント

三井住友visaのプライムゴールドカードは、カードを持っているだけでたくさんの特典やサービスを受けることができるお得なカードですが、それだけではありません。三井住友visaでは、どの種類のカードを持っている人でも利用できるワールドプレゼントと言うポイントプログラムが充実していて、カードを利用するたびにポイントをためることができる仕組みになっています。

三井住友visaプライムゴールドカードのポイントプログラムは、カードの利用1000円あたりにつき1ポイントをためることができます。貯めたポイントには有効期限がついていて、一般的なカードの場合には2年、ゴールドカードの場合には3年間有効になっています。ポイントをどんどん貯めると、景品やギフト、商品券やマイル、さらにはキャッシュバックとして利用することができるなど、お得に利用できるのも嬉しいですね。

三井住友visaのプライムゴールドカードを持っていると、このポイントプログラムでも優遇措置がついています。まず、利用金額に応じて1000円の利用につき1ポイントゲットできる点はどのカードも変わりませんが、利用金額によってゴールドカードの場合にはボーナスポイントがついてきます。どのぐらいのボーナスポイントが付くかと言うと、年間の利用金額が100万円を超えると、その時点でボーナスポイントが10ポイントつき、それ以降は20万円の利用ごとにボーナスポイントが15ポイントずつ加算されていくという仕組みになっています。カードの利用金額が多い人にとっては、どんどんポイントがたまりやすい仕組みになっています。

また、プライムゴールドカードを更新することでも、ボーナスポイントをゲットすることができますし、携帯電話の支払いなどにカードを利用することでも、ポイントをためることができます。いろいろな所でカードを利用することでポイントがどんどんたまりますから、毎日の生活の中で賢く上手にカードを利用して、お得にポイントをためていきたいですね。

三井住友visaプライムゴールドカードのマイル

三井住友visaからラインナップされている20代のためのゴールドカードとして大人気の「プライムゴールドカード」は、カードを利用するごとにお得な特典が満載の魅力的なカードです。特に、旅行をする際の補償はとても手厚くカバーされているのが特徴で、旅行損害補償なら、一般のクラシックカードの補償額2000万円の2倍以上の5000万円までが補償されます。また、空港を利用する際には、会員のみが利用できる専用ラウンジでくつろぐことができますし、飲み物なども無料で提供されるので、旅行前、そして旅行後のひと時をのんびり過ごすことができます。

三井住友visaプライムゴールドカードは、カードを利用することでマイルをためることもできます。これは、三井住友visaのワールドプレゼントと言うポイントプログラムを利用することで可能になる特典で、カードを利用すると、1000円の利用ごとに1ポイントが加算されていくというプログラムです。ここでためたポイントをマイルに還元できるのですが、一般のカードを持っている場合と比べると、プライムゴールドカードを持っていることで、マイルがより早くたまりやすくなっています。

三井住友visaでは、ゴールド会員やプラチナ会員の場合には、カードを利用すると、その利用金額に応じてボーナスポイントが加算される仕組みになっています。さらに、クレジットカードを更新するだけでボーナスポイントをゲットできるなど、様々なシーンでポイントが獲得できる仕組みになっていて、気が付いたらポイントがたくさんたまっていた、なんてことが少なくありません。

貯めたポイントをマイルに還元する方法ですが、1ポイントから交換することはできないので、最低でも100ポイントをためてからマイルに交換することになります。交換できる航空会社は、ANAをはじめとする提携航空会社となっています。景品やギフト、商品券などに変える場合には、最低でも200ポイント以上からの交換となりますが、マイルの場合には100ポイントから交換してもらえるので、とっても便利ですね。

三井住友visaプライムゴールドカードの審査基準

三井住友visaクレジットカードに限らず、どんなクレジットカードでも、申し込めば誰でも審査に通るというわけではありません。カード発行会社が独自に設定している審査基準に通らなければ、クレジットカードを作ることはできません。その中でも特にゴールドカードの場合には、審査基準が一般のカードよりも厳しく設定されていることが多いため、持ちたいなと思っても審査に通らないことが少なくありません。プレミア感のあるカードと呼ばれているのは、そういう理由によるものです。

三井住友visaのプライムゴールドカードにも、審査基準が決められています。どのような審査基準なのかははっきりと提示されているわけではありませんが、プライムゴールドカードは20代を対象にしているクレジットカードなので、基本的には学校を卒業してから29歳までの人が対象となります。

ゴールドカードの審査に通る年収が心配な所ですが、三井住友visaの一般ゴールドカードの場合には、審査に通る年収の目安は500万円程度となっています。20代でこの年収を稼ぐことは簡単ではないので、プライムゴールドカードの場合には、年収も一応の目安として審査基準にはなるものの、安定した収入があると判断されれば、もっと低い年収でもプライムゴールドカードを持つことが可能です。例えば、大企業に勤めていて、これからも安定した収入が見込めるという場合には、年収が200万円ぐらいでも審査に通ることが多いようです。

プライムゴールドカードの審査では、過去のカードや借入の支払い状況などもチェックされます。過去に、他の業者から借り入れをしていた場合には、その金額などもチェックされますし、未払いや遅延がある場合には、現在どんなに安定した生活をしていても、審査に通るのは難しいかもしれません。三井住友visaは銀行系のクレジットカードなので、基本的に審査は消費者金融系のクレジットカードよりも厳しくなっていますが、ゴールドカードの場合には、そうした部分もチェックされることは理解しておきたいですね。

新卒で三井住友visaプライムゴールドカードを持つには

20代のためのゴールドカードとして大人気の三井住友visaプライムゴールドカードは、従来のゴールドカード審査基準よりもかなりハードルを低くすることによって、多くの人が気軽に持つことができるカードとなっています。ゴールドカードは三井住友visa以外の発行会社からもたくさん出されていますが、どれも審査基準がかなり高く設定されているため、20代の人や、ましてや新卒で就職したばかりの人は、なかなか持つことができません。しかし、三井住友visaのプライムゴールドカードなら、新卒で就職したばかりの人でも、審査に通りやすくなっているのが特徴です。

三井住友visaプライムゴールドカードには、たくさんの魅力があります。まず、一般のゴールドカードについている特典をそのままエンジョイできるという点があります。例えば、海外旅行や国内旅行に出かけた時の万が一を補償してくれる旅行損害補償は、一般のクラシックカードの場合には補償額は2000万円までですが、ゴールドカードの場合には、その2倍以上の5000万円までを補償してもらうことができます。また、空港の専用ラウンジを利用できたり、ゴールドカード会員のみが利用できる専用のデスクを利用できるなど、ライフスタイルに合わせてたくさんの特典が付いています。

新卒の人にとっては、就職して働き始めたばかりと言うこともあり、クレジットカードを持つのもできれば年会費を低く抑えたいという人は多いものです。三井住友visaの場合には、一般のゴールドカードの年会費は1万円となっていますが、プライムゴールドカードだと年会費はかなりリーズナブルな5000円となっているのが魅力です。

しかも、年会費を安くする方法があるのも見逃せません。毎月の利用明細をWEBで受け取るようにするだけで、年会費をディスカウントしてもらうことができますし、年に1回以上リボ払いを利用すれば、それだけで年会費が半額近くにディスカウントされるというサービスもついています。こうしたサービスを上手に利用すれば、クラシックカードと変わらない年会費でゴールドカードをエンジョイできそうですね。

三井住友visaプライムゴールドカードと年収について

三井住友visaのプライムゴールドカードは、20代を対象にしたゴールドカードとして人気があります。通常のゴールドカードを持った場合に受けることができる特典はそのまま維持しながら、かかる年会費はなんと半額の5000円と言うリーズナブルさが人気で、20代でゴールドカードを持ちたいという人からは絶賛されているクレジットカードです。

三井住友visaのゴールドカードを持つ場合には、審査基準の一つに、年収があります。はっきりとした年収の最低ラインは公表されていないものの、目安としては年収500万無ければ審査には通らないと言われています。一般のゴールドカードは30歳以上を対象としているので、30歳以上で年収500万と言うと、平均年収よりもわずかに高いラインとなりますが、20代の社会人にとっては、このラインに手が届く人はかなり少数になってしまいます。そこで、プライムゴールドカードの場合には、特に年収で審査ラインが設けられているわけではなく、安定した収入があったり、大企業に勤めているなど、社会的に信用できるかどうかという点で審査が行われているようです。

プライムゴールドカードを持つ場合には、正社員として仕事をしていることは大前提ですが、年収が200万円程度でも、よく知られている企業で働いていれば、プライムゴールドカードの審査に通る可能性はかなり高いと言えるでしょう。同じ年収でも、企業の知名度や規模によって審査結果に影響が出るのが、プライムゴールドカードの特徴なのかもしれませんね。

起業をしたり、親の自営業の跡をついだりして、企業としての知名度はそれほど高くなくても、年収と言う点では20代でもかなり稼いでいるという社会人は少なくありません。そういう場合も、三井住友visaのプライムゴールドカードの審査には通りやすくなる可能性が高いので、あきらめてはいけません。20代を対象にしたプライムゴールドカードは、日本の将来を担う若者の将来性も含めて審査が行われるので、気になる人はぜひ申込みしてみてはいかがでしょうか。

学生で三井住友visaプライムゴールドカードを持つには

三井住友visaには、たくさんの種類のクレジットカードがラインナップされています。その中でも、プレミア感のあるゴールドカードは、多くの人が憧れる一枚と言えるのではないでしょうか。一般のゴールドカードは、審査基準が比較的厳しく設定されていて、安定した収入があることはもちろんですが、収入は500万円以上だったり、年齢も30歳以上でなければ持つことができないなど、様々な制限があり、学生や20代の社会人などは持つことができません。

しかし、20代でも安定した収入のある若者はいますし、学生でもゴールドカードを持ってみたいという人は多いはず。そんな人にオススメなのが、20代を対象にしたゴールドカードとして人気のプライムゴールドカードです。

プライムゴールドカードは、ゴールドカードと同じ特典を受けることができる優秀なカードと言うだけでなく、20代に嬉しいリーズナブルな年会費が魅力です。一般のゴールドカードを持つと、年会費は1万円かかりますが、プライムゴールドの場合にはわずか5000円になっているので、とってもお得なのです。ゴールドカードを持ってみたい人でまだ20代と言う場合には、迷うことなくプライムゴールドカードがおすすめです。

プライムゴールドカードの年会費をさらにお安くする方法もあります。それが、三井住友visaが提案している様々なサービスを利用するという方法。例えば、年に一回でもリボ払いを利用すれば、年会費が半額になりますし、明細書をWEBのみにすれば年会費を1000円安くできます。どちらも利用すれば、年会費5000円の所が何と、わずか1500円まで下げることができるので、一般のクラシックカードとあまり変わらない年会費でゴールドカードの特典を思い切りエンジョイすることも可能です。

プライムゴールドカードは、20代を対象としたゴールドカードですが、申し込みに際してはもちろん審査が行われます。安定した収入があることは条件になっているので、収入のない学生の場合には、20代でもプライムゴールドを持つことは厳しいかもしれませんね。ただし、親がゴールドカードを持っていて、家族カードとして学生にも発行してもらう場合には、収入がなくてもゴールドカードを持つことは可能です。
Copyright © 三井住友VISAプライムゴールドカード:三井住友カードNAVI All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます